皮膚科やクリニックでの育毛治療とは?

皮膚科やクリニックでの育毛治療とは?

薄くなった髪の毛の治療に育毛剤の使用は必要不可欠ですが
「どうも育毛剤だけでは育毛効果が足らない」という人もいるようです。

 

 

このような悩みを抱えている人には2つの選択方法があります。

 

 

  • 1、皮膚科や育毛クリニックへいって確実にしっかりと治療をする方法。
  •  

  • 2、自分で個人輸入業者から育毛関連の商品を購入するという方法。

 

 

この2つの方法があると思われます。

 

 

皮膚科や育毛クリニックへいって確実にしっかりと治療をする方法

皮膚科や育毛クリニックへ行く方法ですが、正直いって金額という面でのリスクが半端なくあります。

 

通常のクリニックのカウンセリングは最近ではどこも無料で行っているところが増えてきているようです。実際にクリニックへ行くと初診料がありますが、普通であればカウンセリングと初診料はタダというところが多いです。

 

しかしここから先は金額の負担がかかってきます。

 

 

 

まず最初に金額がかかるところは血液検査です。血液を調べないことにはあなたに適合する薬剤が分からないのでしっかりと調べる必要があるので拒否はできない項目になります。

 

血液検査の費用にかかる金額は、約20,000円が相場です。

 

 

血液検査と医師の診断が終わればあなたに合った薬剤が決められ、塗布用の薬や肺服用の薬が処方されます。処方される頭皮用に投与される薬には、そのクリニックで調合された独自のカクテルと言われる企業秘密の薬剤が決められます。

 

以上で簡単な育毛専門クリニックの内容を大まかに説明しましたが、「やっぱり金額的にも自分には育毛剤でいいよ」という方は、より育毛効果の高い育毛剤を使うのが一番の薄毛対策になるようです。
いわゆる頭皮に直接打つ注射です。

育毛治療(注射).png


この価格がそのクリニックの中核を締める要ともいえる部分で髪の毛が生える成分でなければ病院の存続にも大きく関わってきますので、金額も高額になり50,000円から100,000円ぐらいが相場になっています。

 

 

 

内服用には、一般的に処方されるプロペシアなどが処方されます。ジェネリックなども取り扱っているところもあり、4,000円から20,000円前後と希望すれば安く済む場合もあるようです。

 

しかしこれらの内容は、1回の受信料です。受診は約2ヶ月に1回という割合で受信するので、6回分をかけると1年間の金額が割り出せます。

 

 

実際クリニックなどへ行っている人達の声を聞くと、2,3ヶ月ごろから効果を実感してきて半年後には傍目から見ても分かるようになり、10ヶ月頃からはやっててよかったという人の声が大半を占めているようです。

 

しかし、なかなか効果が出にくい人もいるのは事実としてあるようですが、その場合は打つ液の量などを調節して行くそうです。

 

 

>>育毛クリニックの詳細はこちら

 

 

 

自分で個人輸入業者から育毛関連の商品を購入するという方法

個人輸入.png

プロぺシアなどを自分で個人輸入するという方法がありますが、販売を目的とした輸入は違法になります。しかし個人で使用する場合でも使用して重篤になる恐れのあるものは輸入できません。

 

通常行われている個人輸入の目的から薬事法によって規制されていないものは輸入できるようです。ハッキリと厚労省の個人輸入欄には書かれていませんが、それらしく臭わせている文章が載っています。

 

 

したがってプロペシアなどは輸入ができるようですが、本人が使って副作用がでれば個人の責任となって医療での請求はできないということです。つまり個人輸入してプロペシアを使って副作用が出て病院へかかろうとも保険適用外になってしまうということです。

 

これを念頭に置いて置かなければ、あとあと「失敗した」と後悔しても遅いのです。

 

 

もし内服薬を使用する場合は、病院などへ行きしっかりと検査した上で服用すべきと思われますね。

 

 

 

以上で簡単な育毛専門クリニックや個人輸入する場合などの内容を大まかに説明しましたが、「やっぱり金額的や副作用の面においても自分には育毛剤でいいよ」という方は、より育毛効果の高い育毛剤を使うのが一番の薄毛対策になるようです。

 

 

>>使ってよかったという育毛剤